スポンサードリンク
   


ピクニックの定番・お弁当デート必勝法!


気候の良い季節は、付き合い始めのカップルから、マンネリカップルまで楽しめる
ピクニックお弁当デート!!で、彼の心を掴んでみましょう!
彼氏にお弁当を作って、高感度をあげてみては?!

鉄板メニュー

ピクニック お弁当 デートやはり、ハンバーグ唐揚げミートボールなど、
簡単にいえば、子供が喜びそうなメニューは間違いないでしょう。
この辺りは、味付けの好みもばらつきがなく、鉄板にしてOK!!

料理が苦手な女性でも、たこさんウィンナーは切って焼くだけの簡単レシピなので、
良い母親像をアピール出来そうな、おすすめ人気の一品です。
また、デザートにウサギの形のりんごも、簡単なのに好印象を与えられます。

卵焼き

お弁当には卵焼きは定番手(チョキ)ですが、

ここは味付けの好みがばらつきそうです。

女性はお砂糖を入れ、甘い卵焼きのものをついつい作ってしまいがちですが、
男性には、あまり好まれない傾向があるようですあせあせ(飛び散る汗)
味付けはシンプルなものがおすすめです。

いろどりは大切に!

プチトマトブロッコリーなど、色のあるものは、必ず入れましょう。
蓋を開けると、茶色いおかずオンリーでは、テンションも下がるそうですバッド(下向き矢印)

良い妻・母親をイメージするのは、やはり料理のようですね。
男性は女性から【手作り】のものを用意されると、
とても嬉しいという意見が多いようです。
そんな中、ピクニックで彼好みのお弁当を用意できれば
とても高感度がアップしそうですよねぴかぴか(新しい)

男性の好みのおかずをリサーチしておくと、作りやすいですよ。
またヘルシーな野菜中心メニューより、
育ち盛りの男の子の作るイメージでいくほうが、無難かもしれませんね。

必ず用意するもの

●ティッシュ
●ウェットティッシュ
●ゴミ捨てようのビニール袋
この辺りを用意しておくと、気がきく女性と思われそうです。

ピクニックでの注意点


スカートやヒールなどの服装は避けましょう!!

なるべく動きやすい恰好を。
『何しにきたの?』 という服装は、男性にあまり良い印象をあたえないようです。

デートでカジュアル過ぎるのが嫌な方は、上服をふわっとしたものにしたり、
ワンポイントで、ネックレスをしてみたりしてはいかがでしょうか?

ぜひお弁当を持って、ピクニックデートを楽しんでください晴れ
posted by 恋愛テーマ at | カップル心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性からのスムーズなデートの誘い方とは?!


気になる男性を、女性からデートに誘うにはどのようにすればいいのでしょうか?
誘い方は直接でも、メールでもあり!
なるべくスムーズに男性を誘える方法をご紹介します。

さりげなく誘う方法


女性から デート 誘い方まず、彼との共通の話題を探すことです。
【 映画が好きなのか。 】
【 同じ好きな食べ物があるのか。 】など。

そこで一致するものがあれば、次のステップ。

たとえば、観たい映画が一緒ならその話の流れで
『 じゃあ、一緒に観に行かない? 』
と直接誘うのもあり。
彼にその気があればOKをもらえますし、たとえ断られても流で誘った風な状態なので、
微妙な空気にはなりませんよ手(チョキ)
また、食事の場合も同じ戦法でやれます。

誘われるように仕向ける


さきほどのように、共通のものを見つけて、
『 この映画、観たいんだけど一人で観に行くのもさみしいよな〜。 』
『 行きたいレストランあるけど、カップルが多くて、女友達とじゃ行きにくいな。 』
などと、自分の行きたい場所をアピールしましょう。

彼があなたに興味があれば、『 一緒に行く? 』 と返してくれるはず。
これは、誘いたいけど誘えない男性には一番ラッキーなシチュエーショングッド(上向き矢印)
のようです。
気になる男性がいれば、まずは少し仲良くなるようにしてから
デートに誘ってみるのがいいと思います。

男女の違い


しかし女性と違い、男性の場合は 【 直球勝負 】 でいきなり誘っても
女性ほど問題はないようです。
女性はいきなり誘われると 『 気持ち悪い 』 などと思ってしまうこともありますが、
男性は以外に単純なため、
女性から誘われると自分への自信につながったりします。

男性が誘う側。女性が誘われる側。という状態の多い中、
女性から声をかけられるなんて、
どうやらモテてるような気分になり、嬉しいようですね。

ただし、男性がフリーであることをまず確認することを忘れずにしてくださいね!
posted by 恋愛テーマ at | 片思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。